Objective-Cのメモリリークを確認しよう! LLVM/Clang Static Analyzer

2009/08/20 at 08:31 コメントをどうぞ


私のような、Javaの経験しかない人間がCやObjective-Cの世界に入ると先ず煩わしく感じるのがメモリの管理です。Objective-Cのメモリ管理方式については多くの文書が公開されていますが、それらを読んだから必ず正しくコードが書けるとは限りません。そんな時に使えるツールがLLVM-Clang Static Analyzerです!

これはコマンドラインツールですが、実行結果は下図のようにちゃんとHTMLで表示してくれます。

screen-capture-14

また、発見したメモリ関連のバグについてはどこの何が原因で、どこから問題になるかをソースコードのラインに吹き出しを追加して丁寧に説明してくれます。(まあ、英語ですが・・・。今時のプログラマは英語くらいは・・・ワラ)

screen-capture-15

これはバグ取りだけではなく、メモリ管理の勉強にもかなり役立つツールです!ダウンロード及びインストール、使用方法は上記のリンクを参照してください。

豆チップ:

コンソールで実行した場合、実行結果の最後に下記のようにどうやって結果のHTMLの表示ができるかを示してくれます。(下図の「scan-view /var…」のところ)このコマンドをコピーしてそのままペーストし、エンターを打てばブラウザーが起動し、上の図のような結果が表示されます。

screen-capture-16

広告

Entry filed under: Objective-C is ....

Objective-Cのメモリ管理におけるオーナーシップの移行の仕組みについて Objective-C 超簡単メモリ管理術

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

Trackback this post  |  Subscribe to the comments via RSS Feed


カレンダー

2009年8月
« 5月   9月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

Most Recent Posts


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。