ウェブホスティング業者探しの経験から見たUXの大事さ

2010/01/23 at 23:28 コメントをどうぞ


このブログもwordpressさんの無料ブログを使っているので、そろそろ自分のブレンディングの観点から、直接運営したくなりましたので、色々ホスティングサービスプロバイダを探してみました。(まあ、本当のきっかけは今日PHPの本を一冊読みましたので自分で色々いじってみたくなったってことが大きいですが。)

先ず、日本のプロバイダから調べました。元々ドメインの購入のためにも使っていたプロバイダがいたのでそこから。でもそこはPayPalに対応できないって言う問題が。(ブログにPayPalなんて関係ありませんが、念のため。)それで他のプロバイダもウェブから検索したり、評判を確認しながら数社のサービスをトライしてみました。

でもですね、私はこれでもITエンジニア出身だし、今でもITコンサルタントという立派な(!)肩書きを有するものですが、彼らのサイトでの操作ができなかったのです。ページのフローも全然理解できなく、書かれている内容もよく分からなく、結局3時間半くらい頑張ってみましたが、最終的にはマウスを投げ出したい気持ちを覚えながらあきらめてしまいました。

何より、あんな難解なサイトを利用してやっとサイトを立ち上げたとして、今後何かあった場合、どうすればいいでしょうか?しかも電話対応はしてくれないなんて!!彼らのサイトのデザインには顧客に対する配慮が全くありません。かなりの知識を有する人でさえ、彼らのサイトでは難関にぶつかるでしょう。あれは、最悪のUXです。

ちなみに、結局日本内で探すのはあきらめ、アメリカのあるビジネスグループで推奨された海外のサービスプロバイダのUXはすごかったです。彼らのサイトにはリアルタイムのチャット機能がついています。試して質問を投げてみましたが数秒以内にチャットが始まり、こっちの疑問にちゃんと答えてくれました。私が日本のサイトを3時間半も巡りながら解消できなかった問題を、彼らはたっだの20秒くらいのチャットで解決してくれたのです。しかも、チャットが終わったらその内容を自分のメールに送信する機能もついていました。これは、絶対こっちに決めるしかないでしょう!!これから何か問題があった場合でもこのリアルタイムのチャットですぐ対応してくれるだろうという安心感はすごいです!

考えてみりゃ、これは当たり前のことですね?自分のサイト、ブログなどを持ちたいと思う人々がみんなITの知識を十分持っているとは限らないでしょう。むしろ、持ってない人が多いのではないでしょうか?なら、そのような人向けに分かりやすく、簡単な操作で利用できるインタフェースを用意するのは本当に当たり前ではないでしょうか?なんでそんなことをしないか?と怒りたいくらいです。

それで、私はアメリカのホスティングを利用することにしました。これは他人事ではないですね。自分がこれからやろうとしている仕事の中でも、もし自分が彼らのような過ちをしていないか、きちんと考えてみるべきだと思います。

そんな理由で、すごいぞ、bludhost!!

広告

Entry filed under: Business is ....

macisvの紹介 ソフトウェアの価格戦略-2 Don’t Just Roll the Dice.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

Trackback this post  |  Subscribe to the comments via RSS Feed


カレンダー

2010年1月
« 12月   2月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

Most Recent Posts


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。